講師・カウンセラー紹介
  • 協会からのお知らせ
  • 図書室
  • アクセス
  • リンク集
  • 周辺観光

講師・カウンセラー紹介  詳細

関谷 共未
関谷 共未
■プロフィール

現職 大阪あべのカウンセリングルーム
   代表・カウンセラー


精神保健福祉士
EAPコンサルタント
グリーフカウンセラー


所属学会・研究会
日本認知療法学会
大阪認知療法研究会


略歴

1986年 大阪外国語大学(現 大阪大学)イスパニア語学科卒業
1986年〜1989年 (株)リクルート
1年間のスペイン留学を経て、通訳翻訳業、『国際花と緑の博覧会(1990年)』など多くの国際会議・イベントのコーディネートに携わる。
その後約5年間、YWCAや公的機関留学生など外国人への日本語教育に従事。
2000年〜2001年 SIDS家族の会でグリーフケアに携わる
2003年〜 大阪あべのカウンセリングルーム開室 現在に至る
2004年〜2006年 大阪府女性相談センター(配偶者暴力相談支援センター)相談員
2006年〜 医療法人平山クリニック(精神科)PSW/カウンセラー 現在に至る
2008年〜 ピースマインド・イープ(株) EAPコンサルタント 現在に至る
2011年〜2013年 一般社団法人京都グリーフケア協会 主任カウンセラー


主として、認知療法・認知行動療法(CBT)に基づくカウンセリングによって、 うつ病や不安障害など、こころの様々な問題の再発予防と感情のセルフコントロール、短期間での問題解決を目指しています。
また、グリーフカウンセリングやグリーフケアの啓蒙活動にも長年携ってきました。
講義では、6000例をこえる臨床に携わってきたカウンセラーとして、また当事者としての経験から、 さまざまな事例の紹介やワークを通して、グリーフケアや援助的なコミュニケーションについて、 専門的な枠組みにとらわれず、多面的に考えていきます。また援助者のグリーフについてもお話しします。


主著
「もう一度逢いたい〜愛する人を亡くしたあなたへ〜」2004.9出版
「ネオネイタルケア(メディカ出版)」(新生児医療と看護の専門誌
「ソーシャルワーク研究(相川書房)」など。

一覧にもどる